むし歯と歯周病

歯の二大疾患と呼ばれる病は、むし歯(麟蝕)と歯周病(歯槽膿漏)である。双方ともに細菌によって発生する感染症だ。他のサイトに記載したことと重複してしまうが、虫歯と歯周病が発生するメカニズムを改めて説明することにする。

虫歯のある口の中には、数百種類に及ぶ細菌が生息している。人類にとって有効な細菌も当然含まれているが、そもそも数がものすごく、唾液のわずか一滴の中に数十億個存在するといわれている。以前牛乳に関して調査したとき、牛の糞尿の一滴の中に含まれる細菌は約十億個と教えられたが、人間の唾液の中には、それより多くの細菌がいたのだから全く驚かされた。特に虫歯に関係が深い細菌はストレプトコッカス・ユータンス菌である。つま楊枝などで歯の表面や歯と歯の間をこすると、白いカスのようなものがつま楊枝先端につく。これがプラーク、いわゆる歯垢と呼ばれる物質です。

生まれて間のない子供は口のなかは、とても綺麗でミュータンス菌などはいない。しかし、数週間または数か月経過すると、ほとんどの口の中は菌で汚染されてしまう。大人のほとんどがミュータンス菌が口の中に持っているために、母親からの口移しによって直接的に感染してしまう。乳母のような第三者が育てた子供では、ミユータンス菌があまり見つからない。したがって、アメリカでは、虫歯が少ないという調査結果があると聞いたけれど、納得できる話ではある。虫歯を防いで、減らす方法は知れている。規則正しい食生活を守って、フッ素の影響力を借りて歯の再石灰化作用をすすめて、歯医者または歯科衛生士による定期チェックを受診するだけでよい。