歯周病

歯周病も感染症である。やはりプラークのなかの細菌が犯人だ。歯周病には歯周炎と歯肉炎とがあり、 歯周炎のほうが炎症の範囲が深くて広く、歯ぐきだけでなく歯槽骨や歯根膜に及ぶ。それにも若年性と 成人性があり、ここでは成人性歯周炎について説明する。プラ1クには300種類以上の細菌がいるが、 成人性歯周炎の主犯はポルフイロモナス・ジンジパリス (PG )などである。患者は中年以上の人び とだから、感染経路は母子垂直感染でなくて、男女水平感染が多い。誤解を恐れずにいえば、ディープキスによる一種の性病でもあることを否定できない。エイズ・ウイルスの感染力は弱く、平均して数百回の性行為で一回の割合でしか感染しないと聞く。歯周病病原菌のほうの感染力はどうなのか。この問 題の専門家で、「あまり世間にいうと人間関係に不信と不安を招くから」と、慎重そのものの人もいる。

PG菌はやはりプラークに住みつく。プラークは歯の表面とか歯問だけでなく、歯冠部と歯ぐきの境界、あるいは 歯ぐきとセメント質とのすき間にもくっつく。この細菌は 酸素を嫌うので、歯ぐきの稜線よりも下(歯肉縁下)の歯 の表面や歯ぐきの組織、そして歯槽骨を冒していく。下へ下へと食いこみ掘りさげていって、ポケット状の切れこみをつくる。これが歯周ポケットである。最終的には歯槽骨がすっかり冒されて歯が脱落する。 歯周病が感染症であることは比較的最近にわかった。それまでは治療法がなかった。いまでは、特殊な金属製のキュレットという探子の先端を歯周ポケットに突っこみ、歯肉縁下のセメント質や歯槽骨をひっかいて、PG菌をかき だせばよい。この作業をスケーリング(細菌の住みつく歯 石のかきだし)およびルlトプレーニング(かき、だしたあ との歯の根の表面をつるつるにすること)という。定期的にこの処置を受けると、症状が改善する。