タバコの歯の影響

日本では、歯科医師による禁煙連盟という団体がある。近年、日本を除いて世界の主要国の間で肺がん、心臓病、妊娠障害といった具合で、喫煙による影響を具体的にタバコの箱の側面に掲示することが一般的になっている。しかし、歯にも悪影響を及ぼすと警告している例はまだない。生命に関係ないからと軽視されているのであろうか。このような状況では喫煙によって歯が悪くなることがいつまでたっても一般に知られることがない。

タバコが含むニコチンは強力に血管を収縮させる作用があるし、白血球等の増殖を抑制する。 歯周病は歯と歯ぐきのあいだに存在するすき間に歯周病菌が増殖し、歯槽骨を溶かして歯を脱落させてしまう。すき間の切れこみ部分には傷がつくが、ニコチンの影響で傷の治りが悪い。また、血管が収縮するため歯ぐきか らの出血が減少し、炎症の症状に気付きにくい。そのため、気付いたときは手遅れになってしまうこともある。 米国歯周病学会は1996年に、タバコと歯周病に関する統一した見解の発表を行った。断定的に結論づけることを避けてはいるが、タバコは歯周病に悪影響を及ぼすとする論文が多数あることを明示し、「喫煙は歯周病を誘発し、進行させてしまうもっとも危険な因子のひとつだろう」と警告した。また、タバコと急性潰蕩性歯肉炎の関係も、すでに1946年頃に指摘していたそうだ。

男性の喫煙率は下がり傾向にある。日本タバコ産業の調査結果によると、成人男性の喫煙率は1999年には、前年より1.2%下がって54.0%になった。女性はどのように考えるのだろうか。タバコを吸えば女も男と同等に扱われると考えているとすれば、見当違いだ。女性ホルモンとタバコのダブルの悪影響で、そのうち歯はボロボロになってしまうと言われている。