歯科医の仕事

歯が病気になってしまい今までと同じ治療を継続すると、最終的には歯を失う。そうならないためには、「まず虫歯予防をしっかりとする。もし、治療する場合は高い精度で治療をして、その後も定期的に検診をしてもたせる」ことが大事になる。そのような考えに基づくと、今後の歯科医の仕事は次の3つに要約できる。

第一、定期診療による予防に重点を置き、仕上げにフッ素を塗る。

第二、教育によって、歯に関して最新で、かつ正しい情報を患者に与える。

第三、高い精度と熟練した技術で歯や歯ぐきなど治療する。

これらのうち、第一の定期診療による予防、第二の教育、これら無しでは、第三の治療に関して論じることは、例えばインプラントが良いか、義歯が良いか、ブリッジが良いか、と考えどのような歯科医が良いのかと議論するのは無意味になってしまう。なぜなら、定期診療による予防を無しで、どんなに治療しても数年後は、殆どの補綴物が壊れてしまい結局根本的な解決に結びつかない。

患者の歯の健康を考える場合、定期的な管理予防が歯科医院にとって治療の基本となる。その上さらに歯科医各々の専門分野があり、インプラント・根管治療・義歯・岐合・矯正など、どれを得意として治療をすすめるか、ということになる。

歯と口の健康は全身の健康に大きく関わっている。歯科治療は歯の1本だけを診て足りるのではなく、全身と口と歯がそれぞれ関係し影響を与えていると考えるのが、今後の歯科治療である。

健康促進と維持のために歯と全身が関係しているという事実が出てくると、歯をもっと大事にしようと思い始める。日々、口や歯で食事をしている私たちも、むし歯や歯周病にならないために予防管理することがとても重要で、全身の健康を守るため、「自助努力」によって生活習慣を見直さなければならない。