歯ブラシの使い方

歯磨きをする目的は次の2つの大きな理由がある。

「歯周病やむし歯の予防」と「歯垢が付着するのを防ぐ」である。また磨き残しをしないために、「歯間ブラシ」を併用することもある。「歯間ブラシ」は歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間や、歯と歯ぐきの境目の汚れ(歯垢や食べ物の残りかす等)を取り除く道具であり、特に以下の事例に当てはまる人は、歯間ブラシの使用をおすすめする。

歯と歯の間のすきまが大きい場合

食べ物が歯と歯の間にはさまりやすい場合

歯が抜けている部分がある場合

部分入れ歯やブリッジ、インプラントを使用している場合

矯正装置をつけている場合

歯間ブラシは、いろいろな大きさ(5 種類ほど)があるため、口大きさや使用箇所によって適当なサイズを選ぶとよい。サイズの目安は歯間ブラシを入れた時に、無理な力を入れずにブラシを動かすことができれば良い。極小の歯間ブラシを使った場合でも歯のすきまに入らないときには、 デンタルフロスを用いても良い。

歯間ブラシには、I字型とL字型の種類があり、I字型はブラシの先を自由に曲げられるために、使用したい場所に合わせて最適な角度で使える。L字型は持ち手とブラシの先端がL字型になっているので、臼歯にも無理なく磨ける。各自がそれぞれ使いやすい形を選ぶと良いだろう。使い方は基本的にブラシを歯と歯の間に入れ、ゆっくり動かして、歯の健康を維持するため傷つけないように注意する。使用後は口をゆすぎ、ブラシは水でよく洗って乾燥させる。奥歯へ当てる時は、頬が邪魔で難しい場合もあるが、口を大きく開けずに、やや閉じ気味にして頬を引っぱると挿入できる。

歯間ブラシとデンタルフロスは、歯科医師や歯科衛生士の指導のもとで正しく使用することが望ましい。出血したり、炎症が起きたり、歯ぐきに傷がついたら医師に相談したほうが良い。