色々な人へのマッサージ

  • 妊婦さんへのマッサージ

妊婦さんの身体は、非常にデリケートです。また、妊娠期間の月数によって、身体的にも精神的にも変化があります。マッサージを行う場合は、

常に優しく、身体的な変化を理解した上での施術が必要となります。安易に考えて行うことは注意が必要です。

  • 身体に痛みがある場合

マッサージを行うことが、痛みの緩和になったとしても、治療を行う訳ではありません。痛みがある場合はきちんと、医師への相談や検査が必要と

なるケースもあります。こういった場合、安易にマッサージを受けることは、症状を悪化させることも考えられるため、軽率な行動は避けるべきです。

慎重に自身の身体と向き合っていくことが望ましいです。

  • 年代別マッサージ

人間の身体は年齢とともに変化していきます。誰しもが、高齢になるにつれ老いを感じたり、若き頃には、成長を感じるものです。

マッサージの基礎となるベースになる部分は、万人に対する重要なことですが、年齢、その日の体調、また個人的な身体的特徴を、

常に読み取って施術をしなくてはありません。

  • 通院中のマッサージ

通院期間中にマッサージを受ける場合は、きちんとしたカウンセリングが必要です。

施術者にきちんとした相談をした上で、施術方針を確認して下さい。一旦、施術を断り、医師の判断を仰ぐようなケースもあるはずです。

医師の許可があった場合も、体調を十分に確認し、無理な施術は避けましょう。

  • 糖尿病

糖尿病患者へのマッサージは、安易に行ってはいけません。

糖尿病患者へのマッサージは、あらゆる身体への負担が考えられます。

医師との十分な相談が必要です。

マッサージを受けることは、リラックスにつながり、身体的開放を促すとともに、身体的、精神的負荷、負担をかけることも多々あります。

まずは、正しいカウンセリングの元、無理のない施術を心がけることです。

身体、精神は日々移ろうものです。定期的に安定した状態で、施術を行う場合にも、息づかい、表情などから、変化を読み取り、

施術を行わなければなりません。

もちろん、施術する側が体調不良な場合も、無理にマッサージを施術してはなりません。