歯科医改善の工夫

ホームページのトップページは「つかみ」がとても重要になります。講演のときもそうですが、 「つかみ」 がOK であれば、しやすい雰囲気をつくることができますね。「つかみ」ってなんでしょうか。

例えば、お平等さんが入っていないレストランに、入ろうとしますますか?ひとけがないと、なかなか入りにくいものです。トップページも全く同じで「ひとけ」がないと、さらに見ようとは思いません。トップページには、忠者さんと話している姿や表情、治療をしている姿などの写点を配置することで、臨場感があり、医院の雰囲気が伝わってきます。

トップページの役割は、興味性、興味を持って次のページを見てもらう役割を担っています。ぜひ、ひとけを意識してみてはいかがでしょうか?

歯科医において、今までできていたことができなくなるという背景には、障害(問題)があるのではないのかと考えなければなりません。休みの電話対応が問題として長期化しました。この場合は待遇に対する不満でした。これは氷山の一角です。他にも他の要因がある可能性が高いです。他にも個別面談などを行うことも大事です。

B歯科医院の待合室を見てみると 、コンビニの雑誌コ ーナーの体を成しているほどの品揃えです。ただ、その{泣き方は雑然としており 、治療を待つ患者さんも選ぶのが大変という感じです。患者さんはどのような雑誌を置いて欲しいか考えましょう。

雑誌の種類は、医院の顔です。

例えば、入れ歯が得意な先生であれば、入れ歯を検討している患者さんに多く来院してもらったほうが、医院にとっても患者さんにとってもハッピーです。そうであれば、入れ歯を検討される年齢の方が好んで読むような雑誌を中心に揃えるべきです。

また、小児歯科を標務している歯科医院であれば子供向けのマンガや物語などを充実させて、治療前に落ち着かせたり、退屈させないことも大事です。