歯科医の待合室

とある歯医者のソファーに腰かけてみると、真白な壁だけが見えます。リラックスできるといえばリラックスできますが、なにか落ち着かない感じがしました。

この違和感は何なでしょうか。この場合、私たちはどのような行動 をとるでしょう 。

「キョロキョロ」五感をフルに使って情報を得ようと探します。

その時に情報が入ってこないと、とても不安になります。待合室は、その情報を発信できるスペースなのです。

例えば、ホワイトニングを取り入れている医院であれば、ホ ワイトニングのポスターを置く、あるいはホワイトニングのサンプルを待合室に置いておくなど、情報を提供していく必要があります。ホワイトニングなどの治療を説明しているDVDなどを流しておくことも有効です。

時間をかけて、丁寧に治療の説明をしていることが伝わってきます。ただ、伝わってくるのは丁寧さ。なんとなく理解できたかな。とちょっと、もやっとしています。患者さんにとって、どのような説明が一番納得できるのでしょうか?口頭の説明だけで、これから行おうとする治療を理解してもらえるのでしょうか?「結果はやってみないとわからない。でもお金は払わなければならない 」これが医療行為です。

治療後をどのようにイメ ージしてもらうかが大事です。口頭説明だけでは、治療後をイメージすることは難しいものです。ここで利用したいのが、過去の同じ症例でどのような治療をして、どのような結果になったか、という症例を示すことです。症例を提示することで患者さんは、明確な治療後のイメージを持つことが可能になります。

住宅のリフォームと同じで、ビフォーアフターを見せることは、その技術の確かさを明確に理解してもらえるのです。 リフォームも完成後のイメージがわかないと、頼みにくいものです。治療技術の雌かさを患者さんが治療後をイメージできるように説明しましょう。