挨拶と気配り

歯医者の顔とも言われる一番大事なトイレですが、掃除をこまめにしている感じはありま せん。ホコリがつまっていて長い髪の毛が落ちています。トイレ ットペーパーの予備も見えるところには置いていません。診療室の天井は、空調のところが真っ黒です。

たとえは悪いですが、料理がおいしかったレストランで、トイレが汚かったらどう感じますか?評価されるのはトイレです。とても雰囲気がよく、スタッフの対応もすばらしい。トイレを見ればその歯科医院の衛生面への姿勢がわかります。そういったことからも歯科医院として評価されていることを覚えておきましょう。

また、患者さんが来院された|時には、どんなに忙しくても顔を出し、挨拶をするようにしましょう 。挨拶ひとつで患者さんの不安は和らぎます。挨拶ひとつでも医院の総合評価は下がります。 もし手が離せなくて対応が遅れた場合には、「お待たせして申し訳ありません」の一言を忘れずに。 「おいおい、待たされているのに、一言ないのか」というのが

こころの叫びです。気持のよい挨拶は誰もがハッピーな気分になれるのです。

待合室には、患者さんが3名待っています。 予約の方がl名と飛び込みの方が2名です。飛び 込みで来たjt 者さんは、受付でのやり取りを見ているといつも予約なしで来られる患者さんのようです。

歯が1Ifiし、と来院した急忠を断るわけにはいきません。その一方で、急患を受けることで他の患者さんに迷惑がかかることも事実です。予約時間に来院された患者さんも「痛い」 と言って歯科医院や病院で治療を受けた経験を持っています。

患者さんの予定を聞くことで、どの忠者さんを優先的に治療したらよいか、治療内容と合わせて診療ができます。「あとどのくらい待ちますか」は、「予約したのに待たせるの

ね」です。患者さんに一言かけることで、忠者さんもイライラせずに済みます。些細なことですが、患者さん一人ひとりにとってはとても大切なことです。そういった挨拶と気配りを忘れないようにしましょう。