保険診療と歯医者

保険診療の場合にはどのようなな治療をしたらいくらか、ということが決まっていますので、特に治療契約書の作成は必要ではありません。

しかし、自費診療の紹介、治療費の金額は歯科医院が決めることができます。

インプラント治療をされる方には、治療契約を交わすようにしましょう。その過程で治療費のことリスクのこと、治療内谷、支払のことなどを記載して、患者さんの理解の下に治療契約を結びます。その上でオペに対する同意書をもらうようにしましょう 。 書面で残しておかないと「言った言わない」と、係争に発展する可能性も拭えません。きちんとした治療契約告があるということは、歯科医院として必要なことです。患者さんは、リスクをきちんと考えた体制で診療をしていると安心して治療を受けることができます。

歯科医の先生によっては「前凶の治療内容を判ってるのだろうか」 前回の様子は聞かないとなんとなく違うんだよな」と疑問や不安が募っていくものです。

その疑問や不安を解消してから治療に入るようにしていきましょう。「前回は治療をしていますが、治療後痛みとか違和感はありませんでしたか?今日は、引き続きこの治療をしていきますね」

この確認の言葉があるだけで患者さんは、安心します。「ちゃんと私の治療内容を理解してくれている」担当制で治療をしている歯科医院では、先生をはじめとする医院のスタッフが忠者さんの治療内容など情報を共有することが大切です。

ユニットに案内したら、特に会話もなく治療の準備を始めました。K歯科医院は、評判もよく多くの患者さんが来院しています。患者さんの顔と名前を 一放させるのは、宅!s Uの業です。しかし、なんとか覚えたいものです。患者さんは覚えてえてもらえていないと感じると寂しいものです。前回の治療や話した内容を覚えてくれていると、とてもうれしく感じます。

行きつけの美容院では必ず前回話した内容を聞しミてきます。とても心地の良い瞬間です。さりげない一言が安心感を与えます。大勢の患者さん一人ひとりとの会話を覚えることは難しいものです。患者さんのカルテとは別にルーズリーフを用意し、患者さんと話した内容、キーワードだけを記入するようにしてみましょう。走り書きでかまいません。1ワード 「旅行に行く Jと、メモを しておけば次回来院された時に「旅行はいかがでしたか?」と会話が始められます。コミュニケーションの質を高めるための一つの方法 『報・連・相』は大事なのです。