歯科医とリコール率

とある歯科医院では、リコール率(定期]検診受診率)が年々下がってきており、院長は、理想の歯科医院からかけ離れていることを嘆いています。定期検診は虫歯予防にもなります。衛生管理ができずに痛くなってからの来院が増えています。

歯科医院に忠者さんが定期検診に来てくれないのはなぜなのでしょうか。アンケート結果を分析すると『定期検診の重要性に理解がない」ということが判りました。このことが示すところは『治療中に歯を守ることの大切さについて説明がほとんどなされていない」と想定されます。また定期検診のハガキも見ていないという疑問符もあり、その後の調査ですべての患者さんに送付されていないことも判明しました。 「定期検診の重要性」を理解してもらうことが重要です。先に定期検診のアポイントを 取るようにしていきます。 3ヵ月後のアポイントでは、重要性を本当に理解してくれていないと、とることができませんので1.5ヵ月先のアポイン卜を取るようにしていきます。また、アポイントのオファーをすることで、患者さんの歯に対するな識がどれだけ高くなったか、ということも確かめられます 。定期検診の重要性を説明したあとは、 理解しているのでアポイントのオファーをされても、煩わしさを感じないものです。差別化のためのアフターフォローがあっても、アポイントが人らないのであれば、ほかに問題があり、かなり深刻な状態と予想されます。1.5ヵ月のアポイントのオフ ァーが効いてきました。アポイントを取る人が増えました。しかしその一方で、来院予定日に無断キャンセルも多くなりました。無断キャンセルの理由は何でしょうか。1. 5カ月のうちにうっかり忘れたならまだ良いのですが、歯の定期検診の優先順位が落ちたのでは困ります。

うっかり忘れてのキャンセルを なくすために、アポイント日の1週間から2週間前に予約日時を記入したハガキを送付し、下がりかけた優先順位を高め、手書きでの宛名、手書きでのメッセージを添えて、ハガキを作成します。

メッセージには、治療をした歯のこと、その後の歯磨きなどきちんとできているかどうか、など患者さんに応じたメッセージを書いていきます。

患者さんは、手書きのメッセージをみたら、歯のことを絶対に考えてくれます。手書きのハガキはとても印象に残るものなのです。