エナメル質と象牙質

エナメル質の内側には、多少硬度が小さな象牙質がある。象牙と同様な成分で出来ている物質で淡黄色をしている。歯の色は白でなく、多少黄色味を帯びているのは、白色で半透明のエナメル質を透過して象牙質の黄色が見えるためである。 象牙質の内側には、歯髄と呼ばれるぶよぶよとした柔らかい組織があり、一般に歯髄と言われている。この部分には多くの血管や神経が通っており、歯髄の先端部分に聞いている穴を通して歯槽骨がつながっている。「歯の神経を抜く」という場合の「神経」とは歯髄のことである。些か驚くような話ではあるが、歯髄の中を流れている血液は、組織重量あたりの単位時間流量が脳の中を流れる血液量と同じだ。生きることにとって、歯が大変重要な器官であることを表す好例だ。虫歯や歯槽膿漏になったからといって、たやすく抜歯してしまうのは考え直したいものだ。歯髄は歯の生命線である。しかし、一度神経をとってしまっても、歯は抜けないでもちこたえることができる。なぜだろうか。歯根部にはエナメル質が存在せず、その代わりにセメント質が存在する。エナメル質と比べて硬くはなく、エナメル質と異なり、骨と同じように生きた細胞で出来ている。そのために、歯を抜くことは避けるべきだ。年齢を重ねていくと歯槽骨が下がりはじめ、歯肉が痩せて、セメント質が外部に露出してくる。エナメル質よりも柔らかいため、特に虫歯になりやすい。歯頭部がむし歯に犯される現象は中高齢者や老人によく見られる。セメント質の外側、つまり歯槽骨との間には、先に述べた歯根膜があり、クッションの役目を果たしており、敏感な神経を通じて食べもの歯ごたえや歯ざわりを脳に伝達する。また、エナメル質と歯槽骨の間に存在する付着上皮は、細胞が活発に新陳代謝を繰り返すことで、好中球や歯肉溝渉出液の影響によって身体に対する防御機能を有効化し、細菌からの攻撃に対して、歯を守る好中球をたくさん含む液体を放出し、それらが付着上皮の細胞のあいだを流れる。骨は骨格を支えるために生きている。歯を支えている歯槽骨は、歯を消失すると、役割を失い歯ぐきの内部に吸収されてしまう。骨を消失した歯ぐきは弱くなってしまう。その意味でも、歯は抜かない方が良い。