歯医者になる方法

歯科医師になるためには、歯学部や歯科大学を卒業した後、国家試験をパスする必要がある。しかし、歯科医師国家試験は1983年より実技科目を止めてしまった。机上のテストだけで歯医者になれてしまうのである。 テストの際に材料として使う人間の天然歯の入手が困難になったということが、実技試験を廃止した理由に一つである。そのような事情が実際にあるのかもしれない。しかし、それ以外にも、実技試験の廃止は最近の歯科医師の要望に適合する。厚労省歯科保健課によると、1970年代より歯大や歯学部が増設され、卒業生が増加し国家試験の受験生も増加した。生活環境の向上によって、歯が抜ける事象も減少した。そのようなわけで天然歯の調達が困難になった、とのことだ。 実技試験を廃止したことで歯医者の腕が落ちるのは当然だ。そのようなわけで、1987年から一部の大学が卒業したあとの臨床研修を開始した。これが徐々に増加し、1996年の歯科医師法の改正によって、「努めて臨床研修を受けるように」(傍点引用者)なった。その結果、現在までに約60%の卒業生が受けるようになった。裏を返せば、約4割は実技による客観的評価をされないまま、患者の歯を削り入れ歯をつくる。 医療事故が起きても不思議ではない。 「臨床研修は1年以上、大学や大学が提携している特定診療所でやっている。いま現在、歯科教育の抜本改革を計画している最中で、臨床研修を必修にする方針である。実技の試験を復活させようという声もあるが、賛否両論があります。実技試験ができるにこしたことはない」との歯科保健課の話があった。患者にしてみれば、臨床研修が未履修であっても歯医者の顔に書いてあるわけではない、と思うので、診療所の受付に修了証を掲げることを義務づける必要があるだろう。

◎おすすめの歯医者・・・生野区の歯科医の有田歯科医院