結婚指輪の美しさの実現

結婚指輪を完成させるためダイヤモンドを研磨盤にあて、離し、チェックするという作業は、リカットといえども一個のダイヤモンドを完成させるまでに1500回以上の繰り返しを必要とします。その問、気をゆるめるわけにはいかない。ダイヤモンドの研磨では避けなければならない微調整が必要です。知らず知らずのうちに、長い間のクセが出て、結晶をよけるために微調整をします。それがほんのちょっとした出来、不出来につながっていきます。完壁なものをつくるためには、カッターの長年のクセさえも直さないとだめです。ほんの少しの光の漏れる隙聞もない、ガードル部分に特長のある、独自な結婚指輪のダイヤモンドをつくり上げていきます。ただただ結婚指輪の美しさの実現にだけ、純粋に心を向けること。目的にそって正しいと思った方向・順序で、ただひたむきとなることであり、宇宙で最も硬いダイヤモンドを思いのままに磨くのであるから、その最も硬い石よりも、もっと硬い意志で磨くことで、より美しい姿・形をしたエイトスターは完成し、納得のいく結婚指輪になります。

 

★納得のいく結婚指輪を探すなら、結婚指輪 福岡発オーダーメイドブランド | アトリエミラネーゼがおすすめです。