金属アレルギーがある人の矯正治療

ブラケットやワイヤなどの矯正装置は、ニッケルやクロムなどの金属元素を含んでいることが多く、金属アレルギーを発症させることもありえます。金属アレルギーがある人の場合は、プラスチックやセラミックなど金属以外が使われている矯正装置を使って治療することになります。

金属アレルギーの場合は使える装置に制約がでるため、治療の進め方が少し変わってくる可能性があります。そのため、金属アレルギーがある場合は、あらかじめ矯正歯科医に伝えておいたほうがよいでしょう。ただ、矯正歯科の分野でもアレルギー対策は進んでいるので、大抵の場合は治療前にアレルギーについて聞かれるようです。自分が金属アレルギーなのかどうかわからないのであれば、皮膚科でパッチテストを受けるのがおすすめです。アレルギーがあるかどうか、あるのであれば、どの金属元素にアレルギーをもっているのかを、知ることが出来ます。

金属アレルギーを持っている人が金属製の矯正装置を付けてしまった場合、食べ物の味をおかしく感じたり、舌に痛みを感じたりする事があるようです。また、全身に症状が及ぶこともあるため危険です。

矯正装置をつけている間は、装置にくっつきやすいガムなど粘着性のある食べ物は避けたほうが良いと思います。また、矯正装置は歯に損傷を与えない程度の強さで張りつけられています。このため、硬い食べ物によって装置が外れたり、壊れたりすることがあるので気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です