プラークコントロール

ありたいていに言うと、歯科医療は曲り角に来てしまっています。世間には解決が難しい問題が多くあり歯の治療も例外ではない、といいたいが、実際は例外となるのである。歯科医療の問題、つまり歯の病気は、本当に間も無く消えてなくなるかも知れない。最大の要因は歯科ワクチンだ。あと数年程度経過すれば、虫歯ワクチンが完成し、虫歯はなくなってしまう。歯周病菌に関してもワクチンが発明されるため、そう遠くない未来に、歯周病も消滅すると予想されている。そして、虫歯や歯周病のワクチンを発明した学者に対して、ノーベル賞が与えられるのでは、と予想される。 欧米で開発された虫歯のワクチンは、歯に塗布するだけで効果があるとのことである。そうであればさらに工夫して、フッ素と同じようにハミガキに混ぜることもできると思われる。そうであれば、もう歯医者は必要なくなる。歯周病のワクチンも開発されて、ハミガキに混入できるだろうから、歯医者はもちろん、歯垢を除去する仕事をする歯科衛生士も必要なくなる。 全国の約六

におよぶ歯科診療所が不要になって、歯科大学から学生がいなくなるのではないか。フッ素に関連する問題も消滅してしまう。虫歯患者にとって大変喜ばしい出来事である。生きている間、歯を一本も抜かなくてすむ。近い将来、そんな理想が現実化するかもしれない。

1900年代後半になって、歯科医療は治療から予防へと大きく変貌を遂げた。まず1950年代に水道水のフッ素による洗浄が実用化され、虫歯を削減し予防できることが明らかになり、すでに世界中50数か国で実用化され、現在でもさらに人がっている。次に1970年代に欧米で歯の再石灰化に関するカリオロジー理論 が提唱され、初期の虫歯を埋めたり削ったりせずに治療できることがわかった。フッ素とカリオロジー理論を合わせることで、人間の虫歯は猛烈な勢いで減りつつある。歯周病に関しても、1980年代になって、歯周病感染菌の原因であるプラーク(歯垢)を歯ぐきと歯の隙間から除去することで、歯周病を削減することが明らかになった。一般的にプラークコントロールとよばれる方法により、歯周病から歯を守ることが可能になった。 上記3つの効果によって、歯の病気は治療する必要がなくなり、予防するものであることが世の常識になった。さらに、歯科医療が治療から予防へ力を注ぐことで、フッ素化と再石灰化理論、さらにプラークコントロールが一般化して、虫歯予防の効果が浸透するのである。