医療保険制度

日本の医療保険制度は、国民すべてに対して必要とする医療を安心して受けることができる素晴らしい制度である。しかし他の医科と比較して、歯科の場合は最新の治療方式の認可が難しく、歯科医や患者が希望する治療法と、厚労省認可によって保険適用が可能な治療との間には大きな隔たりがある。また国家予算における医療費の配分は、一般の医科と歯科とに分別されており、医療費予算を削減する場合には歯科予算が大きく削減されてしまっているのが現状だ。

現在の保険制度では、病気になった場合の処置を中心に考えられており、予防に必要な処置については保険が適用されない。

歯科治療の問題点は以下のとおりである。

患者数を増やし、一人あたりの診療時間を減らす

根幹治療の時聞が不足している

調整不備などの理由によって耐用年数が短く、その結果再発してしまい、治療を繰り返す

歯科医師の保険診療報酬は出来高払いであるため、一つひとつの治療や投薬に関して受け取ることができる。「治る、治らない」に関係なく、定められた方法で治療をすれば確実に報酬を受け取れるため、歯科医は数を多く治療すれば、その分儲かるようになっており、粗悪な治療で数を増やす歯科医も存在するという。義歯や冠せもの等の補綴物を用いた歯科の医療費は他の医科と比較しても2分の1程度と極端に低く設定されているのが現状です。