高度な歯科治療には費用が必要

患者は最善の治療を望み、料金は出来れば安く、歯科医が患者の話をよく聞き、治療について分かるように説明してほしいと思っている。治療費の多くは医療保険制度に基づき、医療行為ごとにその対価が決められている。それが保険診療であるが、すべての医療行為が医療保険の対象ではない。この保険適用外となる診療を自由診療といい、その治療費は全額自己負担となります。
自由診療の場合、治療費は医師の自由裁量に任されているので歯科医は自分が行った治療に対する費用を独自に決めることができる。これにより、同じ医療行為を受けていても、歯科医によって高かったり安かったりする。
最新の高度な治療はそれなりに費用がかかるので、患者はやみくもに安きを求める
のではなく、その治療費が適正なのかどうかを歯医者の説明を良く聞いて判断する必要がある。
歯科治療は、基本的には健康保険での治療が可能だが、健康保険が適用されるのは
「治療」に対してであり、「予防」処置や見た目をよくするための「審美」「歯列矯正」などは保険外となっており、新薬やインプラントなどの最新の治療も自由診療となります。また入れ歯や差し歯、あるいはむし歯などで削った部分を補うための補綴物も、健康保険の範囲内では使用できる材料が制限されており、さらなる快適さや審美性を求めるならば自己負担治療になる。
例えば、歯にかぶせものをする際、より歯の色に近い自然な材質を求めようとすれば、どうしても保険の範囲では難しい。また歯のかぶせものや入れ歯などはその歯が将来歯周病やむし歯にならないために適合のよいものを入れることが重要になるがそれには技工の精度をあげるしかない。これもまた保険適用範囲では出来ることに限ります。