歯医者とカウンセリングルーム

とある歯医者では、60歳ぐらいの女性の患者さんはすでに数回来院されており、入れ歯ではなくインプラント治療を希望していました。治療をしながら、先生は料金の話をしています。隣には他の忠者さんが雌っていて、女性の治療状況やそれにかかる金額なども筒抜けです。

プライベートな話は他の人には聞かれたくないものです。特に病気のことや治療費のことは他人には聞かれたくないものです。そこで、カウンセリングルームの活用をお勧めします。ここ10 年ぐらいに開業した比較的新しい歯科医院、あるいはリフォームした歯科医院では、必ずといっていいほどカウンセリングルームを備えています。これだけ広いF歯科医院ですから、カウンセリングルームぐらいはちゃんと備わっています。 しかし、残念ながら現在はスタッフの休憩室になっていました。カウンセリングルームは、安心できる空間です。他の忠者さんに話の内容を聞かれることもありませんので、様々な悩みや不安疑問を相談することができます。

自由診療で高額な治療費がかかる場合などは、カウンセリングルームを大いに活用して、治療方法、治療後のイメージそして治療費もきちんと説明していきましょう。

歯科医院のイメージは、治療に何回も通院しないといけない、これは、忠者さんがもっているイメージです。常に「あと何回来ないといけないのかな?」と感じています。

例えば、家を建てる同僚には、いつ出来上がり、それまでにどのような順序で工事をしていくか、工程表が必ずあります。

歯科治療も全く同じで、先生の頭では、どのような治療をして、何回ぐらい通院しないといけないか計画はできているものです。