歯医者におけるイベントの開催

患者さんが治療を受けているとき、何をされるか?と不安を抱いている。歯を削る音や先生、スタッフの声など耳に入ります。治療を施している時、特に顔の上にタオルをかけられていれば、不安はなお募ります。

まわりの声もよく聞こえ、普段は気にならないような会話も耳に入ります。「仕事中にプライベートの話もするのか!しかも治療中、手元が狂ったらどうしよう?この歯医者で治療を続けても大丈夫なのか?と不安は募るばかりです。

患者さんの気持ちを理解するために、忠者さんが普段どのような気持ちを抱くか、まずはタオルを顔の上において体験することにしました。治療中以外、スタッフ同士のおしゃべりは、診療中は特に慎みたいもの。歯科医院の理想としては「患者さんが口コミで来院してくるような歯科医院」。患者さんが増加を続けている場合はありがたいことなのですが、理想からは程遠い状態であるとの認識です。診療現場を覗いてみました。患者さんは治療よりも歯科医院に満足しているように見えます。それでも院長は満足せず、さらに高い患者満足度を目指します。歯科医院の院長が考える「患者の満足度向上」のためには、コミュニケーションの質を向上する工夫を行います。現在診療時間中はいろいろな取り組みを実施しています。

そこで、診療時間外にイベントを開催しました。イベント開催は、いつもあまりゆっくり患者さんと話ができない、という不安を院長が持ち合わせていたために、診療時間外にイベントを実施して、患者さんと様々な話をすれば、と考えました。小児患者が多い歯科医院のため、パーティーなどを企画、運営していくことに決定しました。

イベント開催時には、患者さんと先生という関係は無くし、クリスマス会やハロウィンをテーマに開催しました。