歯医者におけるイベントの開催

患者さんは治療を受けているときは、何をされるのか?と不安でいっぱいです。歯を削る音、先生の声、スタッフの声など耳に入ってきます。とくに治療している間、顔にタオルを日の上にかけられている 場合はなおさらです。

耳が研ぎ澄まされ、普段は気にならないような会話も気にな ります。「仕事時間にプライベートの話をして!しかも治療中に、手元が狂ったらどうするの?ここで治療を続けていっ て大丈夫なの?と不安は募るばかりです。

患者さんの気持ちを理解してもらうために、忠者さんがどのように感じているか、まずはタオルを顔にかけて体験してもらうことにしました。治療以外のスタッフ同士の会話は、診療中は臨みたいものです。H歯科医院の理想は「患者さんが患者さんを連れてくるような歯科医院」。忠者さんが増え続けている現状はありがたいことなのですが、理想には程遠い集患との認識です。診療を捌いてみ ました 。患者さんは治療はもとより H歯科医院に満足しているように見えました。それでも院長は「満足できない」と高い患者満足度を目指しています。H歯科医院の院長の考えている「患者満足度の向上」には、コミュニケーションの質を高める工夫が必要です。すでに診療時間中は様々な取り組みをしています。

そこで、診療時間外にイベント開催を提案しました。 イベントの開催は、日ごろあまりゆっくり患者さんと話をすという不安が院長にありましたので、診療時間外にイベントを開催することで、患者さんといろいろな話をしてもらえれば、と考えたからです。小児患者が多い医院でしたのでパーティーなどを企画し、運営していくことになりました。

イベントには、患者さんと先生という関係ではなく、クリスマス会やハロウィンを開催しました。